8.8cmFLAK37@スオメンリンナ島

88Ilt/37(88mm対空砲)は、スオメンリンナ島の戦争博物館にも展示されています。
ただしここの砲は、砲架が完全な固定式のものです。




双眼鏡持った指差し男!MM少年あこがれの男性のポーズ!
小学3年の時、あるスーパーの模型コンテストで、初めて「優勝」なる経験をした時作ったのが、
タミヤの88を使った雪のディオラマだっただけに、実物を目にして触れて、感無量なのです!


砲架脚部。
沿岸砲台として使用されていたので、このような変わった固定脚なのでしょう。



とにかくこの博物館・・・照明が暗かった。(~~;)



しかしこの砲も状態がすこぶる良い。
(FLAK37の特徴)高射算定機パネル。
タミヤでFLAK36を作ったときに余るパーツです(^^)
因みにメーターパネルにはアクリル板(?)が入っている。



右舷後方からアオリ。


対空兵器博物館の88も見る    中央航空博物館の88も見る   ヴァンターに特別展示の88も見る



「実車写真集」に戻る