航空博物館(ヴァンター)
Suomen Ilmailumuseo , Vantaa



 ヘルシンキ=ヴァンター空港に隣接する施設のひとつにこの博物館があります(「ヘルシンキ空港」というのは実は、ヘルシンキ市の隣のヴァンター市にあるのです。千葉県にあるのに「東京国際空港」みたいなもん?)。 空港からヘルシンキ中心部を結ぶVR(国鉄)環状線=リングレイルラインの「AVIAPOLIS(アヴィアポリス)駅」のすぐそばにあり、創設以来現在に至るまでの、空軍とフィンランド航空の歴史資料・展示があります。 環状線はラブリーなハート型をしていますが、そのハートの最上部:ほぼクビレの部分に存在する駅なので、ヘルシンキ中央駅からならば、「内回りと外回りを間違えた!」としても、あまり問題はありません。
 また2000年前後に増改築された際に、カフェや資料室、多目的室(団体客用)も併設され、非常に充実した環境になっています。 模型や航空雑誌の土産ものコーナーもあります(お土産のアイテム数が、年々充実してる!!)。

 今は昔1996年の初訪問時には、空港の案内嬢がわざわざ我々二人だけのために大型バス(!)(以前は空港駐車場が博物館前にあり、無料循環バスで10分程度だった)を呼んでくれ、館に着くとおっちゃんとお兄ちゃん二人が運営している(「客が来たから灯りをつける」「客が来たから暖房を入れる」!)、という非常にほのぼのした(文字通り、寒い寒い)博物館でした(が、数々の実機の圧倒的な迫力とのギャップが面白かった!)。 今は(以前より遥かに)明るく広くなりました。

 無料循環バスは、空港のインフォメーションで「博物館Ilmailumuseo行きたい。バス呼んでくれる?」と言うと対応してくれます。 「LENTOPARKKI(空港駐車場へのバス)」と大きく書かれた「P50」番のバスに乗って駐車場で降り、歩いてすぐ近くのところに、目指す航空博物館はあります。 ←2010年4月、空港駐車場が(空港からさらに遠くへ)移転したため、無料循環バスは博物館前まで行かなくなりました(そばを通り過ぎてしまう!)。
 2015年に環状線が開通し、AVIAPOLIS駅に向かう無料シャトルバスが空港から出ています(空港からはもちろん、ヘルシンキ中心部からもアクセスしやすくなった!!)。

 空港から歩いて歩けない距離ではありませんが(かと言って、その距離はかなりある)、このバスを利用した方がいいでしょう。 特に冬場は、現地フィンランド人に「うん。歩いてもいいけど、途中で凍死しても知らんよ!」と言われたことがある(~o~)。

 2015年現在、入館料は10エウロ(2004年から比べると2倍に・・・!)。 カフェや売店はフリースペースです。 また、クロークルームがあるので飛行機の乗り継ぎやチェックインの合間に、大きなスーツケースを持ったままでも安心して訪問することができます。 空港での退屈な待ち時間を潰すには持って来いの穴場と言えるでしょう!(もっとも、フィン空や飛行機になんの思い入れもない人には更にキツイのかも知れないが・・・・)

開館時間(2015年現在。HPによる):
月曜〜火曜および木曜〜日曜→10:00〜17:00
水曜のみ→10:00〜20:00
(元旦と大晦日、12/6、12/24〜26を除いて基本的に年中無休。ありがたや)

航空博物館HP
http://ilmailumuseo.fi/


主な収蔵展示物(実機写真集へ)


 博物館前には昔からMiG-21が屋外展示してある。(2002年夏)
 同じ場所の冬はこんな感じ。 とにかく寒くて暗い! カメラのストロボだけでは追い付かない。(1996年冬)
 屋外展示場の奥には巨大な格納庫がある。 レストアを待つ機体が部品の一部が放り出してあることがあるが、基本的に奥は立入禁止。(2002年夏)
 2015年秋の、博物館玄関・・・キレイになったなぁ・・・。(2015年秋)
 屋内にはギッシリとフィンランドで実際に使用された数々の機体が、所狭しと詰め込まれている。
 しかし、冬はとにかく寒い!(撮影するときには、自分の吐く息でカメラレンズが曇るので要注意!←けっこう重要なポイント)(1996年冬)
 増設された区画では主に、特別展示が開催されている。(2004年春)
 これは映画「冬戦争」に登場したラジコンのDB-3爆撃機だが、この他の模型展示にも目を見張るものがある。(2004年春)
 たまにこーゆーひと(マネキン)が立って、こちらをじっと見ていることがある。
 彼に責任がある訳でもなく申し訳ないが、はっきり言って、気持ち悪い。(2002年夏)
 昔は朴訥としていたなぁ・・・いつも利用させてもらっていた、空港から駐車場までの無料シャトルバス(待合室=駐車場事務所の暖かいココアが美味かったー・・・!)。
 ベンツとかM.A.Nとか、AFVファンにはお馴染みのメーカーのバス。(2006年?)
 ところが博物館前の駐車場が移転してしまったので、シャトルバスは博物館のそばを通り過ぎ、あらぬ方向へ行ってしまう!(2010年春)
 移転したのは2010年4月30日。ワタシが再訪したのは5月2日!
 どおりでシャトルバスのドテッ腹に「lentoparkki muutta!(空港駐車場、引っ越した!)」と書いてあったはずだ…。(2010年春)
 今は空港とこの駅を巡回する無料シャトルバスがある!・・・2015年7月に開通した環状線の、「アヴィアポリス駅」。
 駅周辺は、たぶんこれからまだまだ変貌するのだと思う。(2015年秋)
 駅構内。10分に1本程度の割合で電車が行き来するなんて、実はフィンランドの歴史上で初めてのことだ!(2015年秋)
 ・・・が、電車が行ってしまうと・・・平日の昼で、しかも飛行機の発着もない時間だったせいもあってか、人っ子ひとりいないことがある!
 気分は「狼男アメリカン」か「レイジ34フン」(??)。(2015年秋)
 この駅のプラットホームは、かなり地下深くにある(防空壕としても機能するのは間違いない)。 まるで「秘密基地」のような通路を歩く。

 前衛的な音楽が流れていたりして(←どうやらそのBGMの音量が大きくなることで、「まもなく電車が参ります」というアナウンスの代わりになっているようだ!)、一人で歩くのは・・・正直怖い!)。
 とはいえ「航空博物館→あっち」という標識/案内板も点在しているので、初めての人もそこは安心。(2015年秋)
 ようやく地上へ出れば、すぐそばが航空博物館。
 今はDC-3「LOKKI(OH-LCH。旧DO-8号機)」が大きなランドマークになった(つい最近まで飛行していた機体だ)。(2015年秋)
 博物館駐車場の奥にも要注目。 レストア待ちの航空機や部品が表に出ていることがある(例えばこの写真は、恐らくフィンランド国産機「トゥイスク」のフレーム)。(2015年秋)


戻る